プロミスカードローン審査基準 消費者金融の在籍確認ある? キャッシング申込み前に必要情報ある?

 

 

・プロミスの金利 4.5−17.8%
・利用額 1万円ー最高キャッシング額500万
・30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方
・オペレーターに相談で、職場電話なし審査可能!

 

プロミス

 

プロミスレディースキャッシング女性に評判

 

 

 

 

 

借金をする方法には、「銀行」「消費者金融」「信販会社」「家族」「友人」などさまざまな選択肢があります。

 

 

 

それぞれの選択肢には異なる特徴があり、期待している環境および結果に応じて適切な選択をすることが求められます。

 

 

 

たとえば、「銀行や消費者金融はビジネスライクな環境で利用できるが、家族や友人の場合はそうはいかない」といった違いなどです。

 

 

 

お金の問題は、人間関係を破たんさせかねない非常に大きな問題へと発展してしまう可能性があります。

 

貸金業者などのように「お金を貸すことを生業としている存在」を利用した方が、気持ちは格段に楽だと感じることが多いです。

 

 

 

しかし、その代わりに返済がシビアであり、なおかつ「利息」を支払うことが必要です。

 

家族や友人から借りる場合でもシビアな契約になることはありますが、多くは比較的ルーズな環境で済みます。

 

この違いは非常に大きなもので、「お金が足りない」「生活が苦しい」という時には返済額を減らしてもらったり、場合によっては数か月分の返済を見逃してもらうこともできます。

 

そして、それをすることによって被るリスクがほとんどないため、安心して自身の生活環境を整えることも可能です。

 

しかし、銀行や消費者金融を利用している場合にはそうはいきません。

 

 

 

返済するお金がなければ返済を待ってもらうことはできますが、その瞬間から「返済遅延」という情報が信用情報機関に登録されてしまいます。

 

信用情報機関には、契約内容、申し込み日、契約日、債務総額、返済状況などの情報が保管されていて、カードローン業者などはこの情報を見ながら審査を行います。

 

そのため、信用情報機関にネガティブな情報が多く登録されてしまっている場合には、それを理由に契約を断られてしまう可能性が高まります。

 

 

 

一旦ついてしまったネガティブな情報は、5年程度保管されることになるため、この間に新たなローン申し込みなどを行った場合のリスクが非常に高まり、それが原因で更なる状況悪化を招くこともあり得ます。それほど重要な信用情報機関の情報ですが、当然のようにプロミスでも参考にします。

 

カードローンという選択をする場合、大きく「銀行系か消費者金融系か」という選択を迫られます。

 

ここまでで説明した「業者と個人」の違いのように、「銀行系と消費者金融系」にも大きく違っている点があるので、それをよく理解したうえで申し込みをすることが必要です。そして、プロミスは「消費者金融系カードローンの中では比較的優先度が高い存在」といえます。

 

その要因は、「審査基準が妥当」「金利が安くなる可能性がある」という2点によるものです。

 

まず、銀行系と消費者金融系を比べると、前者の方が圧倒的に審査のハードルが高く設定されています。

 

具体的な例を挙げて説明できるほど明確な基準があるわけではないものの、明らかに違った段階の難易度が設定されていることはさまざまな情報から推測することが可能です。

 

けっして簡単だという意味ではありませんが、審査のハードルが高い銀行系カードローンに比べると消費者金融系カードローンは低めに設定されていて、中でもプロミスは非常に柔軟な審査を行っていることでも知られています。

 

大手ゆえの強みといえる部分も多いですが、「大手消費者金融系カードローンの中で基準となる存在」と認識しておくと良いでしょう。

 

審査を受ける際に多くの人が気になるのは「在籍確認」です。

 

 

 

多くの人が、「カードローンを利用している事実を周囲に知られたくない」と考えていて、職場に電話連絡が行われる在籍確認に対して強い抵抗を感じることが少なくありません。

 

中には電話以外の方法で在籍確認を行っているカードローン会社もありますが、プロミスの場合は「基本的に電話連絡による確認」が行われます。

 

在籍確認に抵抗を感じていることを理由に、「在籍確認なし」というメリットをアピールしているカードローンを利用してしまう人もいますが、「在籍確認は必須行為」だということをよく覚えておきましょう。

 

法律で義務付けられているほどの重要性はないものの、在籍確認なしで融資を行うということは、「どこで働いているのか、どこに住んでいるのかが分からない人にお金を貸す」ということと同義です。

 

自身に当てはめて考えた場合、そういった状況でお金を貸すかどうかで考えれば一目瞭然です。

 

つまり、「在籍確認なしで契約できるカードローン業者は違法業者の可能性が非常に高い」ということで、在籍確認を重視していない理由は「強硬手段によって債権を回収することができる」という裏付けとも言えます。

 

ただ、必ずしも電話で在籍確認を行わなければいけないという決まりがあるわけではないので、事前に状況を相談することで電話以外の方法で在籍確認に対応してもらえる可能性はあります。

 

申し込み直後から審査は始まってしまうので、できるだけ早い段階で状況を相談するようにしましょう。"