中華

いたろうの津ぎょうざがジャンボで話題!テイクアウトは可能?

ラーメンのサイドメニューといえば餃子ではないでしょうか?

私はラーメンを食べる時には、ついついセットで餃子も頼んでしまいます♪

そして餃子で有名なところと言えば宇都宮や浜松が有名ですが、三重の津ぎょうざも負けてはいません!

元々、津市の小学校では給食に餃子のメニューがあったのですが、それが広まりご当地メニューとして市内の飲食店でも販売するようになったそうです。

実は津ぎょうざを1番最初に販売したのは、いたろうなんですよ!

そこで今回は、津市にあるラーメン屋さん『いたろう』の餃子はどれぐらい大きいのか、テイクアウトは可能なのかについてもご紹介していきたいと思います。

いたろうの津ぎょうざがジャンボで話題!

その話題の津ぎょうざがどれぐらいジャンボサイズかというと…。

なんと、皮の大きさは直径15cmで大人の握りこぶしぐらいの大きさです!

中の具材はお肉に干しエビをたっぷり入れて自家製のラーメンスープを染み込ませています。

普通の餃子で計算すると5個分の具がぎっしり包まれているんですよ!

揚げてあるので皮はパリパリ、中の具材は熱々ジューシーで食べると野菜の旨みと肉汁がじゅわ~っと溢れてきておいしいです♪

お皿を受けて食べなければいけないほど肉汁たっぷりです!

1個300円ですが、これだけ大きいサイズだと1個で満足できますね。

焼き餃子とはまた違った食感も楽しめます。

いたろうはラーメンも絶品で、しょうゆ、しお、パイタンなど種類も豊富、津ぎょうざ丼定食でラーメンとセットにして注文されるお客さんが多いですよ。

丼の盛り付けに津ぎょうざがドーンと乗ったどんぶりはインパクト大です。

大人でも満足できるサイズで、こんなに大きい餃子が給食に出たら子供たちもビックリですが食べ切れるのでしょうか…。

いたろうの津ぎょうざはテイクアウト可能?

お店で津ぎょうざを味わったあと、自宅でももう一度食べたくなったり友人に手土産として持って行きたいと思うかもしれませんね。

いたろうの津ぎょうざは持ち帰りもバッチリできますよ!

生のままか揚げた津ぎょうざ、どちらもテイクアウトできますが、ランチタイムなど時間帯によって混雑する場合があるので事前の予約がおすすめです。

持ち帰り用はパックに入れてもらい専用ラッピングに包んでもらえます。

パックはスーパーのお惣菜コーナーなどにあるプラスチックのパックですが、津ぎょうざを1つ入れただけでいっぱいになります。

津ぎょうざをまだ知らない人にお土産として持って行くと話題にもなりそうですね♪

まとめ

今回は、津市にあるジャンボな津ぎょうざで有名の『いたろう』についてご紹介させていただきました。

有名人が数多く来店しているお店で店内にはサイン色紙や写真が数多く飾られていますよ。

お店の定休日は日曜日の夜と月曜日ですが、店主さんが1人でお店を切り盛りしていて繁盛しているのでラーメンが売り切れ次第閉店する時もあります。

餃子5個分を1つの餃子にぎゅっと詰め込んでカラッと揚げた津ぎょうざは本当に絶品ですので近くを通った時にはぜひお立ち寄り下さいね♪